株式投資の初心者

株式取引を始めたばかりの人が、自分が株式を買った後しばらくしてその株価が上がったにもかかわらずその株を利益を確定しないで、その株式はもっと値段が上がるはずだと思っていると、その株の値段がまた元の水準まで株価まで下がってしまって、がっかりするようなことがあるかもしれません。

このようにならないためには、株式投資の初心者は初めからいくらになったら株式を売るということを考えておけば、利益確定のチャンスを逃すことはなくなるのではないかと思います。



バイナリーオプションの特徴と取組み方

 バイナリーオプションとは、ある対象銘柄のレートが、一定時間が経過した際に“どうなっているか”を2択予想する金融商品のこと。

例えば…ドル円相場を対象に、5分や10分といった時間が経過したときの相場が(取引開始時に比べ)円高寄りになっているか円安寄りになっているかを予想し、予想が当たれば利益を手にできる…といった仕組の取引を行う投資法です。

この通りバイナリーオプションは、“用意された選択肢に沿って2択をするだけ”と仕組がシンプルであり、他の投資のように細かな設定・判断が求められることがないため、投資経験が浅い人からも「取組みやすい」と評判なんですよ。

また、取引時間が非常に短いこともバイナリーオプションの大きな特徴と言えるでしょう。
バイナリーオプションでは、取引の開始時間と終了時間が明確に決まっており、自分の好みに合う長さの取引を選んで取組むことが可能。早いものだと1分以内に結果が出るほどに…スピード感ある取引も用意されています。

さらにバイナリーオプションでなら、少額投資が可能!
取引にかかる金額については、業者によって異なるため一概に「いくら」ということはできません。ですが、どの業者を利用するにせよ、この投資法が少額投資に向いていることは間違いなし! 
バイナリーオプションには、他の投資に比べ少ない資金から気軽に始めやすいという特徴があるのです。

加えて、バイナリーオプションには「リスクコントロールがしやすい」というメリットも!
FXや株をはじめとする他の投資では、利益や損失がいくらになるかは取引を終えるまで分かりませんよね。ところが、このバイナリーオプションは「そうではない」のです!
バイナリーオプションでの利益は、1取引に投じた資金にペイアウト率をかけた金額であり、一方の損失額はその取引に投じた資金のみと決まっています。つまり…前もって最大利益と最大損失がいくらになるかを確認したうえで取引を始めることが可能だということ。
よって、リスクコントロールがしやすい…というわけです! 
これは他の投資法にはないバイナリーオプションならではのメリットだと言えるでしょう。

ただ、いくらリスク管理がしやすいといったところで、これも“リスクを伴う”投資!
この点を忘れてはいけません。

バイナリーオプション参加者の中には、仕組のシンプルさや取引時間の短さゆえに、スマホゲームをするような気持ちで“投資をしているという認識なしに”やっている方も少なくありませんが…、これは予想を外せば“損失が出る”投資です。気軽に取組めるからといって遊び半分で取引をするのは止めましょう。
カンタンだからと調子に乗って無計画に取引を繰返していると、当然うまく利益を手にすることなどできず、投資金を失って“おわり”になってしまいます。

ですが…真面目にシッカリ取組めば、スキマ時間で手堅く稼いでいくことが可能。
従って、やるからには“利益獲得を目指し”計画的に取引を進めていきましょう。

そのためには、取引を始める前に、チャートの見方や経済について最低限の知識を身につけておくと良いですね。2択は“当てずっぽう”でもできますが、それでは勝率アップは望めません。やはり事前学習はしておくべきです。

また、取引前に「自分なりの取引ルール」を決めておくこともオススメします。
1日の取引回数や投資金を明確に決め、それを守りながら投資を進めていけば、取引に熱中しすぎて予想外に資金を投入してしまったり、取引にのめり込んでしまい生活リズムが崩れてしまったりすることを防ぐことができるため、ぜひ実践してみてください。


【トラブルが起きたらどうしよう!?】

バイナリーオプションには、比較的新しい投資商品であるがゆえに、まだ規制が整っていなかったりシステムに不完全なところがあったり…という面があります。
そうしたこともあってか、バイナリーオプション関連のトラブル報告を目にする機会は少なくありません。

トラブルに巻き込まれないためには、バイナリーオプションに取組む際に信頼できる業者を慎重に選ぶとともに、ルールの確認等を怠らないようにすることが大切。慣れるまでは特に慎重にルールチェックなどを行うようにしましょう、

なお、万一トラブルが起きた際には、「消費者センター」または「金融取引の仲裁機関」に速やかに相談してくださいね。
問題が起きないよう自ら十分に注意し、トラブルが起きてしまったときには自分一人で悩まずにプロに相談! これが鉄則です。





























































 





Copyright 2014 iForexFX.com