株式投資の初心者

株式取引を始めたばかりの人が、自分が株式を買った後しばらくしてその株価が上がったにもかかわらずその株を利益を確定しないで、その株式はもっと値段が上がるはずだと思っていると、その株の値段がまた元の水準まで株価まで下がってしまって、がっかりするようなことがあるかもしれません。

このようにならないためには、株式投資の初心者は初めからいくらになったら株式を売るということを考えておけば、利益確定のチャンスを逃すことはなくなるのではないかと思います。



海外業者を知ってしまうと国内の規制の多さに驚きます

sdfsere 国内のFX会社でも十分取引ができるのですが、いったん海外の会社を知ってしまうと国内の規制の多さに驚き、取引の不自由さにも驚きます。もちろん規制自体が悪いわけではありませんが、それでもトレーダーの自由度を下げていては効率よく資産運用をしたいと考えている人にとって不便な点も目立つのです。

海外と国内の最大の違いはレバレッジ規制です。国内のFX会社は法律の規制で25倍のレバレッジ上限がかけられています。これを低いとみるか、十分とみるかは個人差がありますが、少し前までは100倍というレバレッジもありましたからそのような取引をしている人にとっては少し低く感じてしまうことがあります。

レバレッジが高ければリスクも高くなります。しかし、利益も大きくなりますからデメリットばかりではありませんし、そもそも資産額に応じた取引が正しい姿であってレバレッジを高くかけることが間違っているわけではありません。要するにバランスです。そのバランスを知っている人にとって50倍程度のレバレッジならばそれほど高いとは感じないものなのです。

他にも最近規制が始まったバイナリ—オプションについても海外FX会社の方が利点はあります。その一つとして60セカンズと呼ばれる取引方法があげられます。バイナリーオプションとは単純に一定時間後に購入時よりも高くなっているか、低くなっているかを予想する取引です。

バイナリーオプションの性質上、利益確定までの時間が短いほど取引は有利ですから「60セカンズ」つまり1分間で利確ができる海外FX会社はメリットが大きいのです。国内のFX会社では少し前までは60セカンズや10分間取引などに対応していましたが、今では2時間から3時間くらいの取引時間となり、最短で2分前まではエントリーは出来ますが利益はほとんど出ません。

国内の規制や法律自体は海外FX会社には関係ありませんから今まで通り60セカンズの取引が可能であり、国内でバイナリ—オプションをやっていた人がhighlowに流れるという現象が最近起こっています。他にも国内FX会社のメリットとして「日本語対応」などがあげられることがありますが、日本国内でサービスを行うのに日本語対応しない方がおかしな話です。

中には英語表記のサイトもあり、すべてではありませんが、口コミサイトなどで確認すれば日本語対応している会社も、さらには日本人好みの会社もあります。最近日本国内のFX会社に対する自主規制や規制が続き、しかもトレーダーにとって不自由さを感じることが多くなりました。こういった時に今まで通りに利益を上げる意味でも海外FX会社は魅力的な選択肢の一つとなります。




























































  Copyright 2014 iForexFX.com